会社案内サイトマップ
jv-logo
TOP
対象となるお客様
主な画面と機能
メニュー一覧
データ処理件数
対応機器構成
サポート体制
アドバンス・サポート・サービス(JV)
標準価格
資料請求
HOME
ご意見ご感想はこちらまで。
「社長! このソフト買って下さいよー」
JVの種類は共同施工方式(甲型共同企業体)に適しています。
 共同施工方式とは、各構成員があらかじめ定められた出資割合(出資比率)に応じて資金、人員、機械等を拠出し一体となって工事を施工する方式です。
特定建設工事共同企業体(特定JV)のスポンサー会社用の会計システムです。
 特定JVとは、建設工事の特性に着目して工事ごとに結成されるJVのことです。
独立会計方式に対応しています。
 独立会計方式とは、共同企業体の会計処理は公平性、明瞭性を確保する必要から共同企業体独自の会計単位を設けて行う方式です。
構成員数:5社以内、工期:5年(60ヶ月)以内のJV工事に対応します。
 国土交通省直轄工事では、特定JVは2または3社、経常JVは原則2または3社とし、継続的な協業関係が確保され、円滑な共同施工に支障がないと認められるときは5社までとされています。
低コストで導入から運用開始を短期間に実現できます。
 JVのスポンサー会社の経理部門は、もう1社分の会計処理が追加になったような処理の形態になります。JVの支払処理やJV構成員への出資金請求業務も増えますので、限られた人員で作業をこなすのは、なかなか大変です。
 独自でJV対応のシステムを構築するには、相当の時間と費用がかかりますが、「アドバンス建設財務JV」は導入から運用までを短期間で実現します。
操作について問い合わせが少ないソフトです。
◎導入前に、『訪問指導を受けなくても、初期の設定から出来るでしょうか?』というお問い合わせがよくあります。

  JVの会計処理よりも、操作面での不安だと思います。JVの会計処理が初めてという方は少なく、JVの会計処理をパソコンソフトで行うのが初めてのパターンです。

 「地元の会社を除いて、アドバンス建設財務JVの訪問指導にお伺いした事はございません」とお答えしています。鹿児島、福岡、山口、島根、岡山、神奈川、東京、山形、秋田、宮城でお使い戴いておりますが、問い合わせの電話、FAX、メールは少ないです。

◎新しいJVの登録はどうしたらいい? 科目マスタ、取引先マスタ、振込先マスタは前のJVのデータを使いたいのだけれど・・・ −>2008年10月にバージョンアップで対応しました。

◎テキストファイル(CSV)に出力できないの? −>2008年11月にバージョンアップで対応しました。

◎工事支出金明細書、工事支出金集計表を作って欲しい −>2015年12月にバージョンアップで対応しました。
  バージョンアップ内容(2008.11)
部門コード、工事コードの入力を省略 
  (1) 部門コード、工事コードの項目を無くしました。入力項目が少なくなります。
 
テキストファイル(CSV形式)の出力が可能 
  (1) 「補助元帳残高一覧表」「消費税報告書」「試算表」「貸借対照表」「損益計算書」「原価報告書」「支払一覧表」がテキストファイルに出力できます。

(2) テキストファイルに出力して加工したいという要望が複数ありましたので追加しました。
 
新しいJVの領域を作るとき、過去のJVのマスタを流用可能 
  (1) 「科目マスタ」「取引先マスタ」「摘要マスタ」「工種マスタ」「品名マスタ」「銀行マスタ」「支店マスタ」「振込先マスタ」が流用でき、JVの会計処理がより早く開始できます。

(2)エクスプローラでコピーできますが、複数のファイルをコピーするのは間違いのもとになります。

(3)2番目、3番目のJV工事を受注されている会社が結構あるようですので、その都度電話で説明するのも時間が掛かりますので、この機能を追加しました。
 
「科目マスタメンテ」に「一括訂正」の機能を追加 
  (1) 「取引先コード欄」「消費税自動計算初回」「消費税自動計算順」の項目を一括訂正できます。
 
「業者別原価集計表」を廃止 
  工事管理台帳と同じ内容になるため
 
構成員の出資割合に応じた帳票を出力可能  
  「消費税報告書」に加えて「試算表」「貸借対照表」「損益計算書」「原価報告書」を出力できるようになりました。テキストファイルへの出力もできます。
 
 終了時に「データの保存」確認メッセージを表示
  7日以上経過しても「データの保存」をされていない場合、終了時に確認メッセージを表示するようにしました。
 
LAN対応2クライアント用の製品を用意しました。 
  (1) ピア・ツー・ピアでも運用できます。
(2) 標準価格398,000円(税別)  アドバンス建設財務JV(スタンドアロン版)からの乗り換えは、差額で対応いたします。
(3) 操作性はスタンドアロン版と同じ、同時に2台で使うことができます。
(4) スタンドアロン版のデータは、LAN版でそのまま使うことができます。

 

アドバンス建設財務Pro/Lightをお使いのお客様へ
◎アドバンス建設財務Pro/Lightをお使いのお客様には、特別価格をご用意しています。
(アドバンス建設財務Smartには「支払処理」がありませんので、対象外とさせていただきます。)

◎アドバンス・サポート・サービス(ASS)にご加入いただいているお客様は、更に割引があります。

上記に該当するお客様で、アドバンス建設財務JVの導入を検討される場合は、お問い合わせください。
TEL:0834-22-5611 
745-0007
山口県周南市岐南町2-13 STビル1階
アドバンスシステム株式会社