会社案内サイトマップ
アドバンス建設財務・個別工事原価管理
中小建設業会計処理と個別工事原価管理連動処理システムのご案内を致します。
TOP
建設財務ラインアップ 
Smartの特徴 
Light・Proの機能と特徴
適応業種
システム構成
対応機器構成
データ処理件数
建設財務の導入について 
サポート体制
サプライ用品
標準価格
資料請求
HOME
カタログ ダウンロード 
いらっしゃいませ
建設業用の会計と工事原価管理が連動したシステム
建設業
(土木、建築、左官、屋根、電気、管、タイル・れんが・ブロック、鋼構造物、しゅんせつ、ガラス、塗装、防水、さく井、水道施設、清掃施設などの会社)で、ご利用いただけます。
新会社法に対応
株主資本等変動計算書の作成ができます。
振替伝票の入力だけで、会計処理も工事原価管理もOK
手書きの振替伝票そのままのイメージでデータ入力。
テンキーやファンクションキーなど、キーボード中心の高速入力が可能。
工事完成基準/工事進行基準に対応
工事費は、完成・未成の区別をせずに、全て未成工事支出金の内訳科目で入力をします。「完成」「未成」の判定はコンピュータが行い、完成工事の費用は、未成工事支出金から完成工事原価自動振替します。
工事完成基準から工事進行基準への変更が可能です。
支払処理にも対応(Light,Pro)
仕入先や外注先からの請求書を振替伝票の代わりに「請求書入力画面」からも入力可能。新たに支払処理機能が追加され、支払一覧表の作成から、全銀協フォーマットの総合振込データを作成可能。支払作業を大幅に効率化できます。
ズーム機能
試算表→元帳→伝票へと,メニューを終了することなく修正したい伝票まで追跡できる「ズーム機能」を搭載。
一括有期事業報告書、一括有期事業総括表
労働保険料の一括有期事業報告書、一括有期事業総括表の作成ができます。
メリット率にも対応。
消費税の税率変更にも対応
消費税の税率が変わっても、新税率を登録可能。新税率での入力が出来ます。
消費税申告書等の新様式にはバージョンアップで対応可能。
全てのシリーズにLAN対応版
Smart/Lightは2クライアント。

 


限界利益 89 売上利益 9 販売価格 319
一般管理費 10 総原価 310
現場共通費 70 工事原価 300
直接材料費 60 工事直接費 230
直接労務費 8
外注費 150
直接経費 12
建設業の原価と利益の図
個別の原価管理がいかに重要かが見てとれます。
◎ 個別工事原価管理
◎ 実行予算管理
アドバンス建設財務なら会計処理個別工事原価管理ができます!
ひとり経理をしっかりサポ−ト!