会社案内サイトマップ
アドバンス建設財務の工事進行基準の対応について
■ アドバンス建設財務のプログラム変更箇所
1.アドバンス建設財務の対応範囲
 会計の範囲内での対応とします。現場での工事の進捗を管理するものではありません。
 工事別の進捗率(原価比例法)に対応します。

2.工事別に「工事完成基準」と「工事進行基準」を選択可能
 「工事進行基準」を選択すると、次の項目が必要です。
(1)進行基準適用日(年月日)が必須
(2)請負金額が必須
(3)見積原価が必須
工事マスタ
3.期の途中で「工事完成基準」から「工事進行基準」に変更可能
進行基準適用日を登録することで可能です。
見積原価は、1工事あたり12件まで登録できます。
工事マスタ-見積原価
アドバンスシステム株式会社
TEL:0834−22−5611
745-0007 山口県周南市岐南町2−13 STビル1階